こんにちは。山形のひとりカフェ男子、もちつきあんこです。

普段行かないようなところに冒険したくないですか?

 

今回は、駅から遠く車必須だけど、ゆっくり落ち着ける山形大野目の隠れ家カフェ「マタタビcafe (マタタビカフェ)」をご紹介します。

道が狭くて行きにくいですが・・・スイーツがおいしく、民家風で落ち着くカフェですよ。

 

 

マタタビcafe – Google マップ

 

※詳しい場所は記事の一番下をご覧ください

 

カウンター席があり、おひとりさまでもゆっくりできる

 

「マタタビカフェ」の席数は10席くらい(テーブル1つで1席。カウンター席はイスで1席カウント)で、カウンター席は4席。

カウンター席があり、おひとりさまでもゆっくりできます。

 

「マタタビカフェ」の混雑状況。日曜日昼13時は空いてる

日曜日昼13時は空いてました。

女性客が多いですが、男女問わず入りやすい雰囲気でした。

 

和風、というより民家っぽい雰囲気

 

・・・失礼ながら、パッと見閉店した店っぽく感じたんです。

 

「まさか・・・つぶれた? せっかくここまで歩いたのに・・・」

と思って、ドキドキしちゃいましたよ(^_^;

 

 

 

店の雰囲気は和風・・・というより民家っぽい感じです。

雑貨がオシャレで、落ち着いててゆっくりできますよ。

 

音楽の音量は少し小さめで、席の種類はテーブルとイスの席でした。

 




 

「マタタビカフェ」は先会計形式。クレジットカードは使えない

「マタタビカフェ」は後会計形式。

支払いは現金とペイペイのみ可能で、レシートは発行されません。

 

「マタタビカフェ」のメニュー。クラシックショコラを注文

 

私が気になった、「マタタビカフェ」のメニューはコチラ。

 

マタタビパフェ(クリームチーズのアイスと4種類のベリーソース)、520円

こだわり卵のブリュレ、340円

ブレンドコーヒー、430円

 

スイーツが食べたかったので、クラシックショコラを注文。値段は460円。

 

久しぶりにおいしいスイーツをいただきました。

生チョコが濃厚で、口の中でとろけてうまかったです(*^_^*)

 

「マタタビカフェ」に行った感想

スイーツはおいしいし、ゆったりした雰囲気でのんびりくつろげるので、また行きたい!

ただ、車でも通りにくい、狭い道路にあるのがネックかなと。

 

基本情報(営業時間、定休日など)

カフェ情報

※参考情報、グーグルマップ

営業時間

11:30~14:30

18:00~21:00

休み、火曜日

座席数(テーブル席はテーブル数、カウンター席はイス数でカウント)、10席くらい

駐車場、あり(寿司いすゞの駐車場にはとめないでくださいとのこと。満車の場合は時間をずらして行きましょう。)

その他、支払いは現金とペイペイのみ可能

 

アクセス、駐車場

「マタタビカフェ」の場所は

 

 

 

大野目すき家近くの小道(地下道の近く)を矢印の方向に曲がります。すき家の反対車線なので注意。

 

 

後は道なりまっすぐ進むと寿司いすゞが見えるので、その反対側にありますよ。

駐車場はありますが・・・狭いです。満車の場合は時間をずらして行くといいですよ。

 

SNS

↓ フェイスブックはコチラ ↓

マタタビCafe – フェイスブック

 

大野目のカフェまとめ

 

他にもこんな記事はいかがでしょうか?

 

カフェ情報だけでなく色々書いてます。トップページはコチラ

→ トップページはコチラ

 

 

 



 

 



 

良く読まれてる記事たち

 

 

この記事を書いた人

もちつきあんこ

↓ プロフィールはコチラ ↓

自己紹介。休日は2、3店ものカフェを楽しくハシゴするカフェ男子