098978

 

「部屋の中がプリントだらけ。片付けなきゃいけないのはわかってるけど・・・ゆううつだなぁ~。」

 

そもそもなぜ、学校から勝手に配られるプリントを、自分で片付けないといけないのでしょうか?

今やたくさんの人がスマホ持ってるんだし、メールやラインでお知らせを書いてくれればいいのに・・・。

 

まあ、文句言っても仕方ありませんね(^_^; プリントをサクッと片付けていきましょう♪

 

捨てるプリントを選ぶ方法は「今読む必要があるかどうか?」

もう読む必要がないプリントは、サクッと捨てちゃいましょう。

これから具体例をあげて説明しますね。

 

宿題

学校の宿題プリントは、先生に見せたら速やかに捨てるのがオススメ。

宿題の目的は、実際に手を動かして問題を解き、先生に見せて「理解できたかどうか?」確認してもらうことだからです。

実際、テスト勉強で使うのは「教科書、ノート、問題集」だけですよね? 宿題プリントを復習することは、まずありません。

 

どうしても残したい時は、「1学期が終わったら捨てる」といった感じで、残す期限を決めるといいでしょう。

 

定期テスト

私が昔読んだ、勉強法について書かれた本に「テストは残しておきましょう」と書かれてました。

でも、テストは基本的に捨てた方がいいです。なぜなら、過去のテストを見直すことがないからです。私がそうでしたから(^_^;

「昔のテストを見直して、自分の弱点を分析する」なんていう高度な能力、誰でも使えるわけじゃありません(笑)

 

ただし、90点や100点といった「嬉しい思い出があるテスト」を残しておきたいなら、ファイルにしっかり挟んで保管しておきましょう。

もちろん、テストを親に見せてないなら、ちゃんと見せてから捨てましょうね。

 

学校行事についての連絡プリント

例えば「運動会のお知らせのプリント」。運動会が終わったら必要ないですよね?

修学旅行の注意点も同様です。こういった情報を得るためのプリント類は、必要なくなったらサクッと捨てちゃいましょう。

「でもでも、思い出に浸りたいんです(>_<)」

たいていの学校では、運動会や修学旅行の「思い出アルバム」が作られます。思い出に浸りたいなら、アルバムを読むといいでしょう。

 

その他の連絡プリント

「クラス通信」のようなお知らせプリントは、速やかに親に渡しましょう。自分の部屋に置くプリントを減らすためです。

親が必要だと感じるなら、保管してくれると思います。

もちろん、自分にとって必要なプリントなら、ちゃんと返却してもらいましょう。

 

プリントを捨てるだけで、かなりスッキリ!

私が中学生だった頃、部屋の中はプリントだらけでした(^_^;

ちゃんと「捨てる」ことを意識してれば、快適な部屋にできたのに・・・と後悔してます。

なので、あなたはちゃんとプリントを捨てて、私と同じ失敗をしないで下さいね♪

 

【スポンサードリンク】


 

tyukousei_bana2_002

 

関連記事

中学生、高校生向けシリーズはコチラ