DSCN13102

 

服がたくさん詰め込まれてると、今日着たい服を探すのにも一苦労です。

 

私は工場勤務なので、私服で出勤して作業着に着替えます。汚部屋だった頃の私は「作業着ない! 着たい服がない!」ってバタバタしてたんです(^_^;

遅刻しそうで焦って、心臓バクバクでイライラしましたね(笑)

ただでさえ朝早く起きれないので、いつも時間ギリギリ。「服を選ぶ時間を減らせれば、ゆとりをもって行動できるのに・・・」と過去の自分に言い聞かせてやりたいです。

 

あなたも、お出かけ前の準備に手間取るの嫌ですよね?

まずはいらない服をサクッと捨てちゃいましょう♪

 

 

【お知らせ】

服の片付けについて、動画で語っちゃいました(^_^)v

ユーチューブで見る

 

続きが気になるなら、コチラのページをご覧ください。

 

 

 

 

 捨てる服を選ぶ2つの大原則

a0055_000169_m

 

服を捨てる基準は以下の2つです。

  • 買ってから3年以上経ってるか?
  • 今着たいかどうか?

これから詳しく説明しますね。

 

基準1、買ってから3年以上経ってるか?

服の賞味期限は3年まで。買ってから3年以上経ってるなら、捨てましょう。

3年も着ると生地がいたみますし、自分に似合わなくなるからです。

 

若い頃のキャピキャピした服が落ち着いた年代で似合わなくなる感じ、しません?

人の心の成長スピードはものすごく早いです。3年でもかなり成長するので、今着てる服が似合わなくなることもあるんですよ。

 

・・・とはいえ、正直買って3年以内かどうか? なんて覚えてませんよね(^_^;

そんなときは、「このボロボロになった服、いつ買ったんだろう?」って思ったときに捨てるといいですよ。

 

基準2、今着たいかどうか?

基準1をクリアしたら、次は「今着たいかどうか?」考えましょう。これが一番、単純明快で分かりやすい捨て方だと思います。

 

服は毎日欠かさず着なければならないものです。

それなら「着たくない服」を嫌々着るより、「着たいと思える服」を着た方がいいのではないでしょうか?

お気に入りの服だけに囲まれる生活は快適ですよ(*^_^*)

 

 

【スポンサードリンク】


 

 

↑目次に戻る↑

 

服の断捨離の細かいポイント

では続いて、捨てる服を選ぶときの細かいポイントや注意点をまとめますね♪

 

普段着る服はそんなに多くない

過去の私は、給料が入った途端、オシャレな服を衝動買いしてました。

特に欲しいモノがない月でも、お金が入るとつい、何か買いたくなっちゃいます(^_^;

 

そして、買った服はどうするのかというと・・・とりあえず、引き出しの中へ。

買った服を次々と突っ込んだ結果、引き出しの中には何と! ・・・50着以上の服が詰め込まれてました。

その中で、何度も着ているお気にの服は、だいたい20着くらい。50着もの服をまんべんなく着こなすのは、私にはムズカシイです。

 

あなたもタンスの肥やしになってる服、ありません?

「自分が今着たいと思える服」を選んだら、残りは思い切ってバッサリ捨てちゃいましょう。

 

↑目次に戻る↑

 

冬用の厚手コート、スーツ、礼服はそれぞれ1着ずつ持つ

寒い地域に住んでる人は、厚手のコートが必要です。

また、いつ発生するか分からない、面接や冠婚葬祭の対策用に、スーツや礼服を常備しておく必要もあるでしょう。

これらの服は1着だけ残して、後は全捨て。たくさん持ってても、かさばるだけですし。

 

↑目次に戻る↑

 

「いつか使うかも・・・」は禁句

服を捨てる際の注意点が「いつか使うは絶対に使わない」です。

「これ、いつか着るかもしれない」と思っても、おニューの可愛い服を買った途端、「いつか着る」服のことなんて完全に忘れ去ってしまうでしょう。

 

↑目次に戻る↑

 

ボロボロ、しわしわ、ほつれのある服は部屋着にならない

ボロボロな古い服を部屋着として着ると、動きにくくないですか?

パジャマとして着るのも何か違うな~って思います。寝にくいですし。

素直に新しい部屋着を買い直した方がいいでしょう。

 

↑目次に戻る↑

 

色がカブってても気にしない

「トップスが黒2枚のような、カブってる色は捨てるべし」

と良く言われますが・・・私は色カブりは気にしなくてもいいと思います。

 

人にはそれぞれ、似合う色、似合わない色があります。そして、複数の色が似合うとは限らないんです。

似合う色が青なら、青の服ばかり買うのはおかしくないでしょう。ムリして黄色とかオレンジを買っても、似合うとは限らないですし・・・。

 

そんなわけで。色がカブってたとしても、自分が「着たい!」と思ったなら残しておきましょう。

 

↑目次に戻る↑

 

ライブTシャツ、コスプレ衣装は、たとえ着なくても残したい

「今着たいかどうか?」という基準にも例外があります。

思い入れや愛着がある服、例えば

  • ライブTシャツ
  • コスプレ衣装

などは、普段着ることがなくても、「思い出品」として残しておきましょう。

 

↑目次に戻る↑

 

服の断捨離の細かいポイント、上級編

ちょっと話がムズカシイですが・・・捨てる服を選ぶ基準をより明確にした「上級編」もありますよ。

もし良かったら、以下の記事も読んでみてください。

 

→ パーソナルスタイリストから学ぶ、服の選び方と捨てる基準

 

↑目次に戻る↑

 

捨てる服はひとまとめにしておこう

DSCN1246

 

捨てる服が決まったら、上の画像のように袋に入れておきましょう。

 

DSCN1247

 

DSCN1248

 

フタ付きの箱に入れておくのもグッド(^_^) 中身が見えなくなるので、ごちゃごちゃ感がなくなります。

フタ付きの箱は100均で買えますよ。

 

↑目次に戻る↑

 

いらない服はどうやって捨てればいいのか?

いらない服を捨てる方法は以下の3つです。

  1. H&Mの古着回収に出す
  2. ネット宅配買取を利用する
  3. 燃えるゴミとして捨てる

 

まず真っ先に検討したいのが、H&Mの古着回収です。燃えるゴミとして捨てる方法もありますが・・・お金がかかるし嫌ですよね?

H&Mの古着回収を使えば、無料で引き取ってもらえる上に、500円のクーポンまでもらえますよ(^_^)

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

→ すっごくお得なH&M古着回収のやり方、注意点まとめ

 

いらない服が5000円以上の高いモノであれば、ネット宅配買取がオススメ!

値段が高いモノは買い取ってもらって、おこづかいにしちゃいましょう(^_^)

私がオススメするネット宅配買取は、服だけでなく靴やカバンも買い取ってもらえますよ。

 

→ これは便利!大量の服、靴、カバンをスマホと宅配便だけで売却できる「ネット宅配買取」

 

近くにH&Mがないし、買った服も安物ばかり・・・そんな時は燃えるゴミとして捨てちゃいましょう。

ゴミの捨てかたは以下の記事をご覧ください。

 

→ 部屋の片付けで出てきた大量のゴミの捨てる3つの手順

 

↑目次に戻る↑

 

着たい服ではなく「似合う服」が選べる、とっておきの裏ワザ

a0002_002231_m

 

先ほどの2つの大原則で「着たい服を残そう」と書きましたが・・・実はそのやりかたには弱点があったんです(^_^;

それは・・・着たい服が自分に似合うかどうか?

 

せっかくお気にの服を選んでも、それを誰かに「似合わない」って言われたら、すっごいショックですよね?

そうならないために「似合う服」を選ぶ必要があるんですが・・・それが中々ムズカシイ。その服が似合うかどうか? は他人に見てもらわないとわからないからです。

 

しかし、友達や家族には頼みずらい・・・そんな時はファッションのプロに頼むのが一番!

以下の記事で詳細を確認してみてくださいね。

 

→ 似合わない服を捨てて、似合う服だけをピンポイントで残す方法

 

 

【スポンサードリンク】


 

 

関連記事

 

↑目次に戻る↑