こんにちは。かたづけのおにいさん、もちつきあんこです。

 

いらない服を捨てることは、もちろん大事です。

しかし、中学生、高校生が服の断捨離をすると、すっごく苦労しますよ(^_^;

 

 

地味子驚き

ええ!?

片付け本には「服が一番捨てやすい」って書いてあったよ~

 

 

・・・残念ながら、中学生、高校生には当てはまりません(^_^;

中学生、高校生には、大人にはない「独特な悩み」があるからです。

 

これから、中学生、高校生の独特な悩みに触れつつ、服の断捨離がムズカシイ理由について書きますね。

 

 




 

 

 

この記事を書いた人

もちつきあんこ

→ プロフィールはコチラ

→ ツイッターはコチラ

 

 

 



 

 

 

中学生、高校生が服の断捨離をしなくていい理由

 

中学生、高校生が服の断捨離をしなくていい理由は、以下の2つです。

  1. 新しい服を買いにくい
  2. 母から買ってもらった服やお下がりの服が多い

 

中学生、高校生のおこづかいって、意外と少ないです。

私は中1で1000円。学年が上がるごとに1000円ずつアップ。高校生は学年に関係なく4000円でしたね(^_^;

買いたいもの、いっぱいあるのに・・・少ないなぁ。

 

私の中学生のおこづかいで、服を買うのはムズカシイかったなぁ~。

じゃあ、服はどうしてたのかというと・・・母に買ってもらってました(^_^;

 

すごくありがたいんですが・・・母から買ってもらった服って、捨てにくいですよね?

せっかく母が買ってくれた服をムリに捨てるより、いらないプリントや紙袋などを先に捨てたほうがいいかなと。

 

↑目次に戻る↑

 

どうしても断捨離しなきゃいけない場合

地味子悲しみ

いやいや、服捨てないとさぁ・・・部屋が片付かないんよ

 

どうしても服を断捨離しなきゃいけない場合はまず、自分で買った服をまとめておきましょう。

自分で買った服なら、捨てても文句言われないし、捨てにくいこともないですよ。

 

また、お下がりや母から買ってもらった服を捨てなきゃいけない場合は、母とよく話し合ってから捨てましょう。

勝手に捨てると、母からぐちぐち文句を言われるかもしれないし、買ってくれた母に失礼かなと。

 

捨てていいと言われたら、感謝の気持ちを込めつつ、捨てましょう。

 

↑目次に戻る↑

 

服の断捨離をする方法

※画像はイメージです

 

 

さて、捨てる許可を得たので、さっそく捨てていこうと思うんですが・・・服の断捨離にはコツが必要です。

ときめきだけで断捨離するのは、ムズカシイかなと(^_^;

 

真っ先に捨てるべきは、「自分で買った服」か「お下がりの服」。

 

というのも、お下がりの服は「姉(兄)のために買った服」です。

残念ながら、あなたのために買ったわけじゃないんですね。

 

なので、お下がりの服があなたに似合うとは限りません。人によって、似合う服が違うんですから。

ちゃんと許可を得たなら、サクッと捨てていいですよ。

 

※画像はイメージです

 

 

ただし、「母から買ってもらった服」は残しましょう。母って意外と、あなたに似合う色がわかるもんですから。

 

実際、私は母から「青が似合う」と言われて、友達からも似合うって言われました。

似合う色を教えてくれた、母に感謝ですね(^_^)

 

 

断捨離本やブログには「似たような色やデザインの服は捨てる」とありますが・・・私は、同じ色かどうかは気にしません。

服って毎日洗濯しますからね。似合う服であれば、最低でも2着、色やデザインが同じ服を残しておきたいです。

 

 

ただし、ガラものと無地のバランスは考えましょう。

 

 

上の画像がガラもの。

 

 

上の画像が無地です。

 

 

上下共にガラものだと、ごちゃごちゃしてうるさくなります。

 

 

トップス(服)がガラものなら、ボトムス(ズボン)は無地を着るのが基本ですよ。

 

トップスがガラものばかりなら、ときめかないガラものの服は捨ててもいいかなと。

そして、無地のボトムスを残すか、なければ買いましょう。

 

 

カーディガン、ジャンパーは1枚用意しておくと便利です。校則で禁止されてなければ、学校の制服の上から着れるからです。

制服の上にカーディガンを着てる女子高生ちゃん、けっこう見かけますよ(^_^)

 

↑目次に戻る↑

 

中学生、高校生向け、服の整理整頓術

 

さて、これから中学生、高校生向けの服の整理整頓術についてお話しますね。

まずは服を1つ1つ手にとって、以下の3つに分類します。

  1. 毎日着る服、良く着る服
  2. 自分で買った服
  3. お下がりの服、母から買ってもらった服

 

そして、分類した服を、これから説明する方法で整理整頓してくださいね。

 

↑目次に戻る↑

 

毎日着る服は「ちょいがけ」

 

毎日着る服とは、学校の制服や体操着、家で着る服などです。

毎日着る服は、ハンガーにひっかけるなどして、取り出しやすいようにしておきましょう。

 

たたんでタンスにしまうのはオススメしません。手間がかかるからです。

服をたたんで、タンスの引き出しをあけて、服をしまわないといけないので、すっごくメンドクサイ!

毎日着る服はハンガーに「ちょいがけ」して、スグにパパッと取れるようにしておきましょう(^_^)v

 

↑目次に戻る↑

 

自分で買った服は「よそ行き用」

あなたが「これ(・∀・)イイ」と思って買った服は、自信をもって外で着ましょう!

保管方法は「ちょいがけ」でもタンスでも、どちらでも構いません。

 

私は、外に出かけることが多いなら「ちょいがけ」。家で過ごすことが多いなら「タンス」をオススメします。

 

↑目次に戻る↑

 

お下がり、母から買ってもらった服は「部屋着」か「タンス」

 

お下がりの服や母から買ってもらった服は、家で着る服として活用しましょう。母が喜ぶからです。

逆に、せっかく母に買ってもらった服を捨てようとすると・・・「せっかく買ってやったのに、何で捨てるの!?」って怒られます。

 

これ、けっこうメンドクサイんですよね・・・捨てるに捨てられなくなるんで(^_^;

 

お下がりの服や母から買ってもらった服があまりにも多いなら、押し入れかタンスに保管しておきましょう。

着ないで保管するだけなら、出し入れがメンドクサクても問題ナシ!

捨てなければ、文句を言われないはず(^_^)

 

そして、親から離れてひとり暮らしするときが来たら、買ってくれた父や母への感謝の気持ちをこめて・・・捨てましょう。

 

↑目次に戻る↑

 

疲れて「ちょいがけ」すらメンドクサクなったときにやること

 

毎日、勉強や部活、お疲れさまです。毎日大変で疲れますよね・・・(^_^;

部屋に帰ったらばたんきゅー。服とかその辺にぽーいってしちゃったこと、ありません?

 

 

 

そんなときは、100円ショップやスリコなどで、大きめのカゴを買いましょう。

そして、カゴの中に、着ている服をつっこんでおくんです。その辺にごちゃごちゃ散らかるより、1ヶ所にまとめたほうがいいかなと。

 

ちなみに、上の画像にあるカゴは、イオンにあるスリコで買いました。

制服や体操着もしっかり入るので、オススメです。

 

制服のシワが気になるなら・・・がんばってハンガーにかけましょう(^_^;

 

↑目次に戻る↑

 

「ちょいがけ」と「カゴ」で床が見える部屋に

 

ちょいがけで毎日着る服を取り出しやすくするだけで、床に服が散らばらなくなります。

そして、疲れたときはカゴに入れればカンペキ(^_^)v

 

さあ、あなたも床が見える、キレイな部屋を目指して、服を片付けちゃいましょう!

 

 



 

 

 

中学生、高校生向けの他の記事