こんにちは。オタク片付けの伝道師、星月あんこです。

私は医者に、ADHDであると診断されました。現在も「ストラテラ」という薬で治療中です。

 

さて、最近「ADHDは片付けられない」と書く片付けブログ、増えてる気がします。

しかも、ADHDについて詳しく知ってるわけでもなく、ただネットで調べたことをまとめたブログが多いです。

 

ADHDと長年付き合ってる私からすれば、そういったブログを読むとすごく腹立ちますね・・・。

 

 

ADHDについて書いた片付けブログを読むと、「私はADHDだから、片付けられないんだろうか・・・?」と不安に思ってしまうかもしれません。

しかし、「ADHDだから片付けられない」というのは、単なる思い込みの可能性もあるんです。

 

そもそも私は、ADHDと診断される前に、部屋片付けのブログを立ち上げたんですから。

 

 

さて、前置きが長くなっちゃいましたね(^_^;

これから、ADHDの特徴と、ADHDでも片付けられる理由について詳しく語ります。

「私はADHDではないか?」という不安があるなら、じっくり読んでくださいね。

 

ADHDには様々な特性があるが、特性の現れかたは人によって違う

私が通ってる精神科の医師の話によると、ADHDは人によって症状の強さが異なるようです。

そして、「すべてのADHDの特性」が必ず現れるわけでなく、強く現れる特性もあれば、全く現れない特性もあるんです。

 

つまり、おとなしいけど、忘れっぽくミスが多い人もいれば、常にそわそわして落ち着かず、整理整頓や段取りが苦手な人もいるということです。

 

ADHDの特性について

ADHDには「不注意」の特性と、「多動性、衝動性」の特性があります。

私の実例を交えて、詳しく説明しましょう。

 

 

「不注意」に関する特性は、上の画像の通りです。

 

私は、頼まれごとを忘れたり、仕事のヌケモレが多いです。

集中力もあまり保てず、大学の講義で寝てしまうことがしょっちゅうありました(^_^;

 

しかし、なぜか整理整頓をしたり、物事の優先順位をつけるのは得意です。部屋片付けもちゃんとできます。

 

そして、私は話しかけられてることに気づかないことは結構あります。

物事を順序立てて説明するのも苦手です。

 

 

「多動・衝動」に関する特性は、上の画像の通りです。

 

私は「多動・衝動」の特性はあまり現れません。比較的おとなしいほうです。

小学生の頃は、いすをぶん投げたり、クラスメイトの女の子に抱きついたりと、派手にやらかしたんですけどね(笑)

 

小学生の頃の「多動・衝動」が年を重ねるごとに落ち着き、「不注意」だけが残った感じかなと。

「不注意」も薬の治療によって段々と緩和されてきてますが、仕事とかでミスすることは、まだありますよ(^_^;

 

「ADHD = 片付けができない」とは限らない

片付けた後の部屋

 

つまり私が言いたいのは、ADHDだからといって、片付けができないとは限らないということです。

「片付けられない」という特性が弱ければ、ちゃんと片付けられるんですから。

 

もしかしたら、「ADHDだから片付けができない」という思い込みが、片付けられない原因かもしれません。

もしくは、ただ単に忙しくて、片付けする時間がないだけかも。

 

そんなときは、仕事終わりとか休みの日を「片付けする日」と決めて、継続していきましょう。

そうすれば、あなたもきっと、片付けられますよ(^_^)

 

ADHDの疑いがあるなら、まずはチェックしてみよう

 

ただ、もしかしたら本当に、ADHDの影響で片付けられないかもしれません。

「私、ADHDかなぁ?」とお思いなら、まずは以下のチェックテストをやってみてください。

 

→ ADHD症状チェックリスト:成人(18歳以上)用|大人のためのADHDサイト

 

そして、チェックテストで「あなたはADHDの可能性があります」と出たら、お近くの精神科に行きましょう。

専門医に診てもらうのが、一番確実ですね。

 

ADHDの特性を的確につかもう

ADHDと診断されると、精神科の医師と定期的に問診します。

そして、薬が効いてるかどうかを測るチェックテストを受けるんです。

 

医師との問診やチェックテストで、あなたのADHD特性が見えてきます。

「ADHDだから片付けられない」と決めつけず、チェックテストをもとにして、的確な判断をしたいですね。

 

 

参考書籍

 

図解よくわかる大人のADHD 発達障害を考える・心をつなぐ 注意欠陥多動性障害 [ 榊原洋一 ]

 

 

関連記事