a0002_003051_m

 

「保険やケータイ代金を見直そう」

「外食はやめて弁当を作ろう」

 

節約ブログや雑誌で上記のことが良く言われますが・・・保険やケータイ代金を見直すのも、弁当を作るのも正直メンドクサイです。

その時間を使ってアニメ見たりスマホゲームしたいですよね?

 

この記事では、そんなメンドクサイことをしなくても、カンタンにスグできる節約術を書いておきます。

あなたの節約生活の参考になれば幸いです。

 

※スポンサード リンク

 

 

 

まずは支出の種類について知っておこう

支出の種類は大きく分けて4つあります。

 

setuyaku1_001

 

私の節約術は、この中で一番削りやすく、節約効果が高い支出をねらい撃ちするというものです。

 

↑目次に戻る↑

 

手続きがメンドウ! 削りにくい消費固定

a0002_008641_m

 

消費固定とは、毎月の支払額が変わらない、生活に必要な費用のことです。家賃、保険、奨学金返済、スマホ料金などが当てはまります。

「生活に必要な費用」なので、削るのはムズカシイでしょう。手続きもメンドウです。

 

極端な話、家賃を払わず野宿するわけにもいきませんし、奨学金返済をすっぽかすわけにもいきませんよね?

家賃のランクを少し下げるにしても、メンドクサイ手続きがたくさんあるので、かなりの労力が必要です。保険の見直しも契約書類をたくさん書かないといけないので大変です。

手取り15万で家賃10万円のような明らかに家計を圧迫してるもの以外は、とりあえず無視しておきましょう。

 

↑目次に戻る↑

 

削りやすいけどやりすぎ注意! 消費変動

a1180_015232_m

 

消費変動とは、使いかたによって支払額が変わる、生活に必要な費用のことです。食費、安めの普段着(ファストファッション)、光熱費などが当てはまります。

頑張って切り詰めることもできますが・・・ムリをすると体を壊しちゃいますよ(^_^;

 

私は過去に、光熱費節約のためにヒーターを付けず、風邪をひいて余計にお金がかかったという経験があるんです(笑)

ケチケチ頑張るのもいいですが、やりすぎると節約以上の出費がかかっちゃいますよ。

 

↑目次に戻る↑

 

効果は薄いがサクッと削れる! 浪費固定

a0950_000037_m

 

浪費固定とは、毎月の支払額が変わらない、趣味や楽しみのための費用のことです。

ニコニコ動画プレミアムのような月額課金制の動画サイトや月額制のエステ、惰性で買うマンガ雑誌などが当てはまります。

月数万円のような高額なものでなければ、削っても効果が薄いです。月500円のニコニコ動画プレミアムを解約しても、あまり節約したって感じしませんよね?

 

ただ、全く使ってないムダな月額サービスは意外とあります。それに、娯楽系の月額サービスの解約は、案外カンタンに終わることが多いです。

まずはここから手を付けてみるのもいいと思いますよ。

 

↑目次に戻る↑

 

モノによってはガマンが必要・・・浪費変動

s-book-67049_640

 

浪費変動とは、使いかたによって支払額が変わる、趣味や楽しみのための費用のことです。

ごほうびスイーツやブランドものの服、女子会、アニメBD、スマホゲーム課金などが当てはまります。

最も削りやすい支出ですが、ガマンが必要です。

 

ただ、ガマンしすぎは禁物。ダイエットのリバウンドのように、出費がドバっと増えることもあるからです。

頑張ってガマンしなくてもサクッと削れる支出があるなら、それが狙い目です。まずは自分にできることから始めていきましょう。

 

↑目次に戻る↑

 

※スポンサード リンク

 

真っ先に見直すべき支出は「浪費変動、浪費固定」

setuyaku2_001

 

以上をふまえると、私が真っ先に狙うべきだと思う支出は「浪費変動、浪費固定」です。

浪費変動はちょっとガマンしたり、普段の行動や習慣を変えることで削れます。浪費固定も意外とムダがあったりするんです。

 

例えば以下のようなことをすることで、大幅に節約できますよ。

  • 仕事終わりに店に寄らず、まっすぐ帰る
  • 趣味を1つに絞る
  • スマホゲームの課金額を減らす
  • アニメBDは本当に好きなものを厳選して買う
  • ムダな月額サービスを見直す

 

「そんなこと言われたって! 楽しみを削るなんてできない!!」

わかります。私もオタクなので、趣味を削るなんてできません(^_^;

ついつい誘惑に負けて、お金を使っちゃいます。

 

しかし、このままダラダラとムダ使いするのも考えもの・・・。

そんなあなたはまず、「節約体質」になる習慣を身につけておきましょう。

 

↑目次に戻る↑

 

もう誘惑に負けない! 節約体質になるための2つの習慣

a0002_005740_m

 

節約体質になるための習慣は2つあります。

  1. 家計簿をつける
  2. 欲しいモノを1週間待ってから買う

 

これから順番に説明しますね。

 

↑目次に戻る↑

 

家計簿をつけて自分を客観的にみつめよう

s-DSCN06602

 

紙に書いて記録をつけることで、自分を状況や気持ちを整理できて、客観的になれます。

私も収入と支出を紙に書いて「見える化」したので、節約できるようになりましたよ(^_^)

 

ノートか家計簿を買って、自分の支出を紙に書き出してみましょう。

家計簿を書く手順は、以下の通りです。

  1. 「今月の自由に使えるお金」を計算する
  2. 今月の浪費支出を全て書き出す
  3. 今あなたが欲しいモノとその値段を書き出す

 

 

まずは「今月の自由に使えるお金」を計算します。自由に使えるお金を計算する公式はコチラ。

 

setuyaku3_001

 

先月の家賃、食費、光熱費などから今月の支出を予想して、収入から天引きします。

もしあなたが給料手取り16万で、家賃7万円、光熱費1万円、食費2万5000円、通信費1万5000円の場合

 

16万 - 7万 - 1万 - 2万5000円 - 1万5000円 = 4万円

 

となります。残った金額4万円が「あなたが自由に使えるお金」です。

 

自由に使えるお金が決まったら、それの5%を残すことを目標にしましょう。先ほどの例の場合、2000円残すことを目標にします。

ちょっと少なすぎる感じもしますが・・・人はつい誘惑に負けがちなので、1万円残すのもすっごく大変です。あなたも、そう思いません?

まずは少額で頑張り、慣れてきたら10%、15%と段階的に上げていきましょう。

 

次に、今月の浪費固定と浪費変動を思いつく限り全て書き出してみましょう。レシートはちゃんと受け取って、保管しておくといいですよ。

クレジットカードやドコモケータイ払いのような「お金の流れが見えにくい支払い方法」を使ったらスグにメモしておきましょう。

 

最後に今あなたが欲しいモノも書き出します。

「自由に使えるお金がどれくらいか?」は既にわかってるので、後は「その範囲内に収まるかどうか?」を計算するだけです。

もし収まらなければ、後回しにするか、買うのをあきらめることも検討しましょう。

 

↑目次に戻る↑

 

節約の一番の敵は「衝動買い」。欲しいモノは1週間待とう

a0001_014933_m

 

仕事終わりや休みの日に、ぷらっとショッピングセンターに行き、不要なモノを衝動買いしてしまう・・・そんな経験ありませんか?

ムダ買いをやめるために、急にモノが欲しくなったら1週間待つという習慣を身につけましょう。

 

1週間経てば、感情に惑わされず冷静に判断できます。1週間経って売り切れてた場合は、そのモノに縁がなかったと割り切ることも必要です。

 

あの大人気のポケモンGOプラスも、発売と同時にスグ売り切れました。

冷静さを失ってる場合、つい転売ヤーから買ってしまいそうですが・・・ここはグッとこらえて1週間ガマンします。

1週間ガマンすると、「確かに今も欲しいけど、転売ヤーから買うまでもないな。定価で買える時に買おう。」と冷静になれるもんです。

 

期間限定商品は、1週間以上の猶予期間がある場合だけ購入を検討します。

1週間以上考える時間がない場合は、今買うべきモノじゃないと思っておきましょう。

 

↑目次に戻る↑

 

「消費固定、消費変動」を削るのは、最後の手段

setuyaku4_001

 

消費固定、消費変動はメンドウな割にリターンが少ないです。場合によっては余計な出費が発生するかもしれません。

 

参考項目

 

どうしても浪費を削れないなら、消費を削ってもいいですが・・・なるべく浪費を削るようにしましょう。

 

↑目次に戻る↑

 

お金に余裕がでたら、貯金に挑戦してみよう

a0782_000097_m

 

節約して余裕資金が増えてきたら、貯金に挑戦してみるのもいいでしょう。

ただし、貯金はあくまで「生活に余裕が出てきたら」の話です。節約せずに貯金だけ頑張ろうと思っても、失敗しますよ。

 

貯金するなら「自動積立定期預金」をオススメします。

自動積立定期預金とは、毎日決まった日に、決まった金額を定期預金に積み立てる金融商品です。

スマホ料金のように自動的に引き落とされるので、普段通り生活するだけでお金が少しずつ貯まるんです。

 

自動積立定期預金については、以下の記事に詳しく書かれてます。利用するなら参考にしてみてください。

 

参考記事

 

また、不用品売却でお金を増やすのもアリ。そこで得たお金は全額貯金に回しましょう。

ただ、不用品は思ったより高く売れないでしょう。

不用品売却をあてにして生活するのではなく、お金に余裕がでたら不用品売却で更にお金を増やすことを意識するといいですよ。

 

主な不用品売却のやりかたは以下の記事に書きました。興味があれば読んでみてください。

 

参考記事

服を売るならコチラ

 

本、マンガを売るならコチラ

 

雑誌を売るならコチラ

 

↑目次に戻る↑

 

まとめ

ではでは、長くなったのでまとめますね。

 

 

 

この流れで節約すれば、あなたのお金がドンドン増えていきますよ~(^_^)v

節約、頑張っていきましょう!

 

↑目次に戻る↑