「断捨離」という言葉、一時期流行りましたね。

今や「捨てる」「収納」関係の本がたくさん売られてますが、これを読むだけで部屋は片付けられないんです。

 

私は汚部屋時代、周りのゴミをちょこっとゴミ箱に捨てたり、床にあるモノを適当にしまうことを繰り返してました。

でもこれじゃあ、いつまでたっても部屋が片付きません(^_^;

 

そんな私は、こんまりさんの本を買って「捨てる」ことを学びました。

でも、確かに捨てることは大事ですが、その前にやることがあるんです。

本格的に部屋の片付けをするなら、まずは片付けの道具を準備しましょう。

 

部屋片付けをするのに必要な道具

用意すべき道具は

  • ゴミ袋
  • マスク
  • 動きやすい部屋着
  • 軍手、もしくはゴム手袋

です。どれも簡単に手に入りますよ(^_^)v

これから具体的に説明しますね。

 

ゴミ袋

DCIM0106_convert_20140722055416

 

ゴミ袋はお近くのスーパーで買えます。自分の住んでる地区(◯◯市など)のものを買いましょう。

私は違う地区のゴミ袋を買って、お金を無駄にしてしまいました(笑)

部屋の散らかり具合にもよりますが、ゴミ袋は燃えるゴミが20枚くらい、燃えないゴミが15枚くらい必要です。

 

ゴミの捨て方が分からないならコチラ 

 

マスク

部屋の片付けをするとホコリが飛びます。窓を開けて換気しながらやりましょう。

ホコリの飛び具合がひどければ、マスクをつけてやるといいです。

ちなみに、マスクは100均で買えますよ。

 

動きやすい部屋着

部屋の片付けをすると服がホコリまみれになって汚れます。

普段着る服とは別の部屋着を着て作業しましょう。

誰にも見られない環境であれば、むしろ裸でやってしまうのも手です(笑)

 

また、ヒーターや扇風機を持っている場合、それを消して作業することもあります。

ユニクロで買える、ヒートテックエアリズムのような、体温調節機能を持つ服を着ると、より作業効率が上がりますよ♪

 

軍手、もしくはゴム手袋

軍手があると、重い物を持ちやすくなります。

また、場合によっては汚いモノを触らなきゃいけないこともあるので、用意しとくと便利ですよ~。

軍手は100均に売ってますよ。

 

サクッと用意して、片付け始めちゃいましょう

上で挙げたものは、どれも簡単に用意できます。

今すぐサクッと用意して、部屋片付けを始めちゃいましょうね(^_^)v

 

関連記事

ゴミ、古着、古本、古雑誌の処分方法が丸わかり

その他関連記事