こんにちは。星月あんこ(@ankostar203)です。

あなたは部活の人間関係がイヤだと思ったこと、ありませんか?

 

この記事では、私が部活動や会社などで習得した、コミュニケーションのやりかたをお話します。

部活の人間関係を良くするヒントになれば、すごくうれしいです(^_^)

 

まずは、あいさつをする

あいさつは基本中の基本です。先輩からあいさつされる前に、自分からあいさつしましょう。

あいさつをすることで緊張をほぐすことができますし、会話のきっかけにもなりますよ。

 

先輩に感謝する

知識や技術を教えるのはタダではありません。

赤の他人からテニスの技術を教わるには、「コーチング料」を払わないといけません。

そろばんやエレクトーン、塾もお金がかかりますよね?

 

部活の先輩は、部を大会優勝に導くために、タダで技術を教えてます。

先輩に「教えてくれて、ありがとうございます!」といった感謝の言葉をかけるだけでも、十分喜ばれますよ(^_^)

コーチング料の代わりになるかなと。

 

部長(キャプテン)は部のために自分の時間を使っている

部長(キャプテン、代表)は部のために頑張ってます。部活には毎日出ないといけないし、ミーティングもあります。

貴重な勉強時間、遊びの時間を使って、練習メニューを考えることもあるんです。

 

大会で結果を出せなくてもいいので、とにかく部長には気をつかいましょう。

例えば、頼まれごとは積極的に引き受けるなどすると、いいかなと。

 

敬語は部の空気次第

「〇〇です」「〇〇しました」といった敬語に関しては・・・部の空気次第かなと。

 

バリバリ体育会系の部活なら、敬語で話さないといけません。

ただ、中には「タメ(『〇〇だよ~』といった言葉づかい)でもいいよ」という先輩もいるし、そういう部活もあるんです。

 

部の空気がわからなければ、敬語で話しておきましょう。

会社の仕事では敬語で話さないといけないので、今のうちに練習しておくといいですよ。

 

どうしても辛いなら、辞めてもいい

部活というのは、楽しくやるものです。

会社の仕事ではないので、生きるためにムリしてやる必要はありません。

 

本当に辛いと思うなら・・・部活、辞めてもいいかなと。

ただし、親には一度、相談してくださいね。頼りになる人生の先輩ですから。

 

【スポンサードリンク】


 

中学生、高校生向けの他の記事





【スポンサードリンク】