こんにちは。

口下手な私は、リアルでもオンラインでも、大人数での会話が苦手なもちつきあんこです。

1対1なら、ラクに会話できるんですけどね(^_^;

 

さてさて。最近、飲み会や歓送迎会、同窓会のオンライン化が進んでますね。

好きなお酒を買って、おうちで好きなように飲む。

それでいて、仲間とつながれるので、とっても楽しいです。

 

口下手で聞き専に回りがちな私でも、楽しいです。

リアル飲み会と違って、抜けやすいですしね。

 

しかし、オンライン飲み会のホスト(幹事、主催者)は、リアル飲み会と異なる立ち回りが必要です。

これから私が参加したオンライン飲み会の経験をもとに、注意点とか色々書きますね。

 

オンライン飲み会(同窓会、歓送迎会)の注意点

オンライン飲み会の注意点は、以下の2つです。

  1. 通信環境の確認
  2. 会話の進めかた

 

順番に説明しましょう。

 

注意点1、通信環境の確認

まず、ホストはオンライン飲み会参加者の通信環境を確認しましょう。

パソコンが使える人もいれば、スマホだけ使う人もいます。

 

私の会社の部署は、年配の方が多いです。

さすがにみんなスマホ持ちですが・・・zoomとかの操作に慣れてない人が多いかなと。

そういう人でも参加できるように、事前にレクチャーするなどの工夫が必要ですね。

 

まあ、全員パソコンやスマホ持ちでzoom慣れしてるなら、気にしなくてもいいんですけどね。

もし、ガラケー派でスマホを持ってない人がいるなら、オンライン飲み会を開催しないのも手かなと。

 

注意点2、会話の進めかた

オンライン飲み会では、大勢の人がいっぺんに会話すると、ゴチャゴチャして収集つかなくなります。

参加者の1人にスポットを当てると、いい感じに進行できます。

 

例えば、ホストはAさんにスポットを当てて、Aさんの近況などを聞きます。

Aさんの近況を話題にして、Aさん以外の人は相打ちしたり割り込んだりして楽しむんです。

 

つまり、ユーチューブの生放送でホストとAさんが対談して、他の人はコメントで参加します。

ホストとAさんはコメントに反応して、話をふくらませる。そんなイメージです。

 

Aさんが終わったら、次はBさん、次はCさんと交替していきます。

時間配分はホスト次第。腕の見せどころですね(^_^)v

 

参加者側の注意点

参加者側の注意点は、何と言っても・・・マイクテストです。

zoomの設定画面でマイクテストして、ちゃんと動くかどうか? 確認しておきましょう。

 




他にもこんな記事はいかがでしょうか?

 

片付け情報だけでなく色々書いてます。トップページはコチラ

→ トップページはコチラ

 

この記事を書いた人

もちつきあんこ

→ プロフィールはコチラ

この記事に関する感想、お問い合わせはコチラからお願いします

 

ツイッターでは最新片付け情報や私の近況や思いなどを不定期につぶやいてます

→ もちつきあんこのツイッターをのぞいてみる