こんにちは。ひとり暮らしアニヲタだけど、部屋を片付けたい。

もちつきあんこ(@ankostar203)です。

 

「片付けたい気持ちはあるけど・・・何から手をつけたらいいかわからない」

そう思ったこと、ありませんか?

 

片付けの順番は、部屋の状態によって変わります。

みんながみんな「まず断捨離」ではないんですね。

 

今回、私は部屋の状態を分析するために、「ゾーン分析」を考案しました。

「ゾーン分析」をやれば、部屋を片付けるときに、まず最初にやるべきことがわかりますよ。

 

これから詳しくご説明しますね。

 

やるべきことを決めて、サクサク片付け!「ゾーン分析」のやりかた

 

スマホゲームには必ず「チュートリアル」があります。

チュートリアルをやることで、最初にやるべきことがわかるんです。

 

最初にやるべきことがわかれば、ゲームをサクサク進められますよね?

片付けも同じです。

最初にやるべきことを決めて行動を起こせば、トントン拍子で片付けが進みますよ。

 

 

さて、「ゾーン分析」は、以下の手順で行います。

  1. 袋を4つ以上用意する
  2. 袋に「A、B、C、D」と書く
  3. 生活必需品、食料品、服を区別する
  4. 趣味もの、思い出もの、コレクショングッズを区別する

 

 

まずは100均の袋やスーパーの袋などを、できるだけたくさん用意します。

その後、マジックペンで袋に「A」「B」「C」「D」と記入するんです。

 

 

そして、部屋にある「生活必需品、食料、服」をすべて取り出して、以下の基準で区別してください。

  • A、1週間に1回は使うモノ
  • B、1週間に1回は使わないけど、たまに使うモノ
  • C、存在を忘れていたモノ、使用目的がわからないモノ
  • D、壊れているモノ、ボロボロで着るのが恥ずかしい服、賞味期限、消費期限が大幅に過ぎているモノ

 

Aに該当するモノは、「A」と書かれた袋に入れます。

袋に入らない場合は、「A」と書いた紙を、モノに貼っておきましょう。

 

Bに該当するのは、転職活動で使うスーツ、冠婚葬祭で使う礼服などです。

車の冬タイヤなどの「季節モノ」も該当します。

 

Cの「存在を忘れていたモノ」とは例えば、「どの家電につなげるのかわからない」謎のコンセントです。

何のために買ったかわからない、収納グッズやカバン、リュックサックなども、Cに該当しますよ。

 

 

生活必需品が終わったら、趣味ものを分類しましょう。

趣味ものが先ではありません。必ず生活必需品から先に終わらせてください。

 

 

・・・続きは以下の記事に書きました。

「オタかたづけ!」公式メールマガジンに登録すると、パスワードが届きます。

 

パスワードを入力して、続きをお読みください。