「片付けしたいけど・・・忙しくて時間がない!」と悩む人は多いです。

でも実は、時間がないと嘆く人ほど、無駄なことに時間を取られてるかもしれません。

では、その「無駄な時間」とは一体何なのでしょうか? これを「時間管理のマトリックス」を使って考察しますね。

 

時間管理のマトリックスとは

時間管理のマトリックスとは、書籍「7つの習慣」に書かれている、以下のような図のことです。

s-zikankanri

 

参考記事

 

参考記事にある図を、部屋片付け風にアレンジしてみました。

これを具体的に分析してみましょう。

 

時間管理の基本は、「緊急でも重要でもない」時間を削る

「緊急かつ重要」なケガや病気は、治さないと片付けすらできなくなります。

後、図には書かれてませんが、仕事も「緊急かつ重要」です。仕事をしなければ、収入が途絶えてしまうので。

 

「緊急だが重要ではない」家族や友達からの頼まれごとは、自分にとって重要じゃないですが、やらなければ怒られます。

私は良く、母からレンタルCDのダビングを頼まれます。レンタルCDは返却期限があるので、緊急性があるんですよね・・・。

 

「緊急」なことに使う時間は、絶対に削ることができません。あなたが削るべき時間は「緊急でも重要でもない時間」です。

テレビや漫画、ゲームはやらない日があっても何ら問題ありません。

「パズドラ」の期間限定ダンジョンとか、正直どうでもいい。緊急性全くなし。

 

部屋の片付けは、今すぐやらなきゃいけないって訳じゃないけど、自分にとって重要だと思います。

部屋をキレイにすると、

  • 探しものがなくなる
  • 友達や彼氏をスグ家に入れられる

などのメリットがあるからです。

 

参考記事

 

娯楽などの「緊急でも重要でもない無駄な時間」を削って、その時間をどれだけ部屋の片付けに使えるか? がポイントになりますね(^_^)v

 

無駄な時間を削る注意点

ただし、やみくもに無駄な時間を減らせばいいってもんじゃありません。そこが時間管理の難しい所。

もし自分の目の前から娯楽が消えれば、生きるのが辛くなってしまいますよね? 無駄な時間も、時には必要になることもあるんです。

それを踏まえた上で、今一度、自分の生活を見直し、削れる時間を考えてみてはいかがでしょう。