汚部屋に住むって・・・ホント、恐ろしい((((;゚Д゚)))

元汚部屋住人、池田暁子さんの実体験を元にして描かれた、「片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術」を読むと、頑張って部屋片付けなきゃ!って気になります。

 

そんな、部屋片付けのやる気が出る本、「片付けられない女のための~」をこれからレビューしますね。

 

「片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術」の中身をちょい出し

 著者、池田暁子さんの一日

汚部屋あるあるがリアルに書かれてます。

 

棚地獄

棚に収納しさえすれば、部屋が片付く・・・そう思った池田さんは棚を買いまくりますが・・・?

 

基地を作ろう!

「基地作り」が片付けのスタート地点です。

池田さんは、どうやって「基地」を作ったのでしょうか?

 

家の中で一番捨てやすい場所

実は頭を使わず、簡単にモノを捨てられる所があります。

確かに、ここなら「古くなったら捨てるしかない」モノが多いと思います。

具体的な捨て方は、サラッと流れるように書かれてるので、一度読んだだけでは分からないかも。

何度も繰り返し読むことで、新しい発見があるかもしれません。

 

見えない所にしまっていいのは「●●」だけ

これは納得!

池田さんの実体験が書かれているので、説得力があります(^_^)v

 

池田さん、実はお金持ち?

池田さん、棚やコンタクトレンズにめっちゃお金を使ってる気がします。すっごく羨ましい!

でも、そのお金を使う理由が・・・ねえ・・・(^_^;

片付けをすることで、お金の問題も解決しますよ♪

 

●●を救出しよう!

「●●」は早めに「基地」に集めましょう。

そうすれば、モノを探す手間が省けます。

 

ガンコな汚れを落とすための「7つ道具」

汚れの落とし方が具体的に書かれてます。

良くキッチンやお風呂場を掃除するなら「そんなの当たり前じゃん!」と思われるかもしれませんが・・・私は初めて知りました。

 

捨てなければならないモノはコレ!

最後の方でようやく、「モノの捨て方」の解説が入りますが・・・ちょっと内容が薄め(^_^;

 

モノの場所を決める

これも捨て方同様、中身が少ないです。

 

「技術」というより「体験談」

本のタイトルには「片付ける技術」とありますが、どちらかと言うと体験談が多め。

でも、池田さんのリアルな体験があるからこそ、本の内容に説得力が生まれるんです!

「ここをこうすれば、こうなるのかな?」という試行錯誤的な話ばかりですが、池田さんが頑張ってる姿が鮮明に描かれていて、すっごく共感できますよ♪

 

池田さんの「汚部屋脱出物語」を読み物感覚で楽しみたいなら、ぜひ読んでみて下さいね(^_^)v

 

↓ ネット通販サイト「楽天ブックス」で汚部屋脱出系マンガを買うならこちら ↓

【楽天ブックスならいつでも送料無料】片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 [ 池…