最近、卒業アルバムなどの「思い出の品」をデータ化したい人をちらほら見かけます。

ただ、「理由は分からないけど、データだと何か不安・・・」 という人もたくさんいるでしょう。

そこで、紙とデータについての私の考えを書きますね。

 

紙で保存するメリット、デメリット

メリット

  • 書いた人の「心」が伝わる
  • 安心感がある

 

紙だと書いた人の想いとかが伝わりやすいです。理由は分かりませんが・・・そういうものなのでしょう。

後、目に見えるし手で触れるので、安心感があります。

 

デメリット

  • 保管の時に場所をとる

 

紙のデメリットとして真っ先に思い浮かぶのが、保管場所です。

紙だと、どうしても場所をとってしまいます。

 

データで保存するメリット、デメリット

メリット

  • 保管場所がパソコン、またはスマホ1台
  • 誰かに渡したり、共有するのが簡単

 

データは場所を取らないのが最大の魅力です。

また、写メールなどを使えば、遠くにいる家族や友達に、写真データを簡単に渡すこともできますよ。

 

デメリット

  • データだと無機質な感じがする
  • データだと何となく怖い

 

データだと「いきなり消えるんじゃないか?」という得体のしれない怖さがあります。

幽霊が勝手にデータを消していくような、そんな感じです。

 

データでの管理を怖いと思う2つの理由

では、その「何となく怖い」の正体を、これから解説します。

データが怖いと思ってしまうのは、以下の2つの理由があるからです。

 

  1. パソコンやスマホは精密機器でトラブルを起こしやすい
  2. セキュリティーが不安

 

パソコンやスマホは精密機器でトラブルを起こしやすい

パソコン、スマホ、インターネットは、とにかくトラブルが起こりやすいです。

しかも、パソコンやスマホにトラブルが起こってしまった場合、素人が1人で解決するのがとっても困難。

業者に頼んでも解決するとは限らないし、お金がかかってしまいます。

 

この問題の解決策は、複数の場所に保管することです。

  • ハードディスク
  • CD-R
  • インターネット上に写真データを保存するサービス

など、色んな所に思い出の写真データを保存しておくと安心ですよ。

 

ハードディスクは家電量販店や楽天市場、CD-Rは100均で買えます。

インターネット上に写真データを保存するサービスは、「30days Album PRO」などがあります。

 

 

私が利用している、オンラインで写真を共有したり保存するサービス 

30days Album PRO

 

 

セキュリティーが不安

ニュースでも良く聞くコンピューターウィルスや不正アクセス。

データで管理するとなると、やはりセキュリティーの問題はつきものです。

この問題は、ウィルスバスターなどのアンチウイルスソフトを使うと解決します。家電量販店で売ってますよ♪

 

 

保存したいモノによって、紙とデータを使い分けるのが賢い選択です。

「何となく怖い」でデータ化をしないのは、すっごくもったいないですよ!

 

参考記事

 

※スポンサード リンク