部屋が狭くて本棚を置く場所ない人が、本やマンガを思いっきり楽しむ方法

↓ しおりとして利用しちゃいましょう♪ ↓


多くの本、マンガ好きの悩みが「本棚が足りないこと」。

汚部屋時代の私は、本棚を買い足すかどうか? 何度も迷ってました。

 

DSCN1073

 

私の部屋は狭いので、本棚が1つ増えるだけでも圧迫感があります。

それに、本棚を買い足すのは面倒だし、お金がかかるんです。

かと言って、本を買うのはやめられないし、どんどん溜まっていきますよね・・・(^_^;

 

そんなわけで、部屋が狭いあなたのために、本棚を買わずに本やマンガを楽しむ方法を書きますね。

 

電子書籍で本棚いらず

honto20_003

 

電子書籍とは、パソコンやスマホ、タブレットで読む本のこと。本の中身(データ)を購入するので、場所をとりません。

電子書籍なら、たくさん買っても本棚を買い足さなくていいんですよ♪

 

「なーんだ、電子書籍の話か。本は紙で読みたいんだけどな~」

なるほど。確かに紙のほうが安心感がありますよね。

 

あなたが「紙の本で読む派」なら、読まない本を定期的に整理するしかありません(^_^;

読まない本は、ブックオフなどのリサイクルショップで売却するとお金になっておトクですよ♪

 

参考記事

 

「買い取りに出すのメンドクサイ、嫌!」

「本棚を買わなくていいなら、電子書籍でもいいや。」

とお思いなら、私は電子書籍をオススメします(^_^)v

 

DSCN0938

 

スマホで本を読む場合、こんな感じになります。

画面は小さいですが、意外と読みやすいですよ♪

ただし、目が疲れやすくなるので、適度に休憩をとりましょう。

 

私が愛用している電子書籍サイト



 

私は「honto」という電子書籍サイトを愛用してます。

他の電子書籍サイトではなくhontoを使う理由は、以下の3つです。

  1. ポイントと割引でおトクに買える
  2. ドコモケータイ払いが使える
  3. 電車やバスで堂々でBLマンガが読める

 

理由1、ポイントと割引でおトクに買える

hontoで購入すると、100円につきポイントが1ポイント貯まります。

ポイント=1円なので、5000円分の本を買うと50円おトクですよ♪

 

また、たまに「期間限定で30%引き」といった情報がメルマガに送られてきます。

1200円の本が840円で買えちゃったりするんです(^_^)v 360円も割引されるのは、とってもハッピー!

私もよく、お世話になってます(笑)

 

理由2、ドコモケータイ払いが使える

ドコモケータイ払いは、ケータイ料金と一緒に支払う「後払い方式」。現金を用意することなく、支払い手続きを済ませることができます。

わざわざ銀行に行ってお金をおろしたり、サイフを取り出す手間が省けますよ。だから、スグ買えるんです!

支払いの感覚としては、着うたの月額料金やソーシャルゲームの課金に近いですね。

 

 

理由3、電車やバスで堂々でBLマンガが読める

紙の本をそのまま電車で読むと、表紙が見えてしまいます。

一応ブックカバーはありますが・・・大判本だと中身が見られやすい気がしません?

電子書籍は小さいスマホで読むので、周りを気にせずBLマンガが読めますよ~(^_^)v

周りからはケータイいじってるようにしか見えないので、とっても気が楽です。

 

期間限定の割引を狙うなら利用すべし!

理由1で書いたように、hontoではたまに「期間限定30%引き」があります。

早めに登録しておけば、おトクな情報を得られて安く本が買えますよ♪

 



 

hontoの使い方は以下の記事にまとめました。登録でつまづいたら、読んでみて下さいね。

 

参考記事





【サクッとアンケート】
今後のサイト運営の参考にしたいので、よろしければアンケートにご協力ください。数分で終わります。

※いただいた回答は匿名にて統計処理します。個人が特定されることはありませんのでご安心ください

→ アンケートに回答する



私のオススメ

hukuuro_bana_003



※スポンサード リンク





bana4_001

→ 部屋片付けの情報はコチラ



040872


  • 名前:星月あんこ
  • 職業:契約社員(フルタイム勤務)
  • 資格:整理収納アドバイザー2級
→詳しいプロフィールはこちら

ツイッターもあります。お気軽にフォローミー♪

→星月あんこ(@ankostar203)さん | Twitter

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ



感想、意見、質問などございましたら、お気軽にコメントかメールして下さいね!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ