souji_kitanai_woman_convert_20140819114708

 

「ミスが多くて仕事がうまくいかない」

「忘れ物が多く、もはやおっちょこちょいっていうレベルじゃない」

 

そんなあなたは、ADHDの可能性がありますよ。この記事を読んで、確認してみましょう。

 

ADHDの3つの特徴

ADHDの特徴は以下の3つです。

  1. 不注意
  2. 他動性
  3. 衝動性

 

不注意とは、仕事でのミスが多い、忘れ物やなくし物が多いなどを指します。

 

1つの作業を完ぺきにやったと思っても、どこかで抜けが出る。

同じミスを起こさないように気をつけようと思うと、また別のミスをしてしまう。

1ヶ月くらい経つと、また同じミスをしてしまう。

 

といったことがあなたにも当てはまるなら、ADHDを疑ったほうがいいと思います。

 

他動性とは落ち着いてじっと座ることができず、貧乏ゆすりや指をくるくる動かしたりすることを指します。

 

衝動性とは職場でイライラして壁を蹴り飛ばしてしまったり、衝動買いをしてしまうことを指します。

衝動性はどちらかと言うと子供のころに起こりやすいです。

小学3年生の頃に机やイスを蹴り飛ばしたり、小学6年生の頃につい誰かに抱きついてしまうといった行為があれば、ADHDの可能性が高いです。

 

ADHD診断の流れ

「自分はADHDかな?」

と思ったら、まずは以下のサイトでチェックしてみてください。

 

参考サイト

 

チェックしてADHDと出たら、診断できる病院を探しましょう。意外とありますよ。

病院は事前予約制が多いので、電話して確認してください。

 

その後、病院に行き、実際に診断されます。子供の頃の状態や現在の状態などを詳細に話しましょう。

過去の状態や今の状態などを総合的に判断し、最終的にADHDかどうか? 診断されるんです。

 

薬による治療の開始

「今、ADHDですっごく困ってる。仕事に支障が出るから改善したい!」

と思ってて、なおかつ医師から話があれば、薬での治療を行います。

 

薬は「ストラテラ」を使います。ストラテラを服用すると、人によって副作用が出るかもしれません。

 

IMG_20160821_110842

 

ストラテラの副作用についての詳細は、医者から渡される青い冊子に詳しく書かれてます。

それを良く読んで、何かあったらスグに医者に連絡してくださいね。

 

ADHD治療のデメリットとその対策

ADHD治療のデメリットは、医療費がすっごく高いことです。もしかしたら月1万円以上かかるかもしれません(^_^;

しかし、ADHDの治療には「自立支援医療による医療費助成」を受けられる可能性があるんです。

 

それが通れば、ADHDの治療費が3割負担から1割負担になります(取得に応じて上限設定あり)。

つまり、医療費が3分の1になるので、だいぶ楽になると思います(^_^)

ただし、ADHD以外の治療、風邪や歯医者などには効果がないようです。ちょっと残念(笑)

 

申請するなら、まずは医師に相談しましょう。そうすれば、医師が「自立支援医療」専用の診断書を書いてくれます。

診断書を手に入れるためには3000円程度払う必要がありますが、長期的に負担が少なくなるので元が取れますよ。

 

診断書を手に入れたら、スグに自分の地域の市役所で手続きしましょう。

審査に1ヶ月くらいかかりますが、1割負担は手続きした日から適応されるので、早めに動くとおトクです。

 

 

ADHDでも片付けられる!

さて、ここまで読んで既にお気づきかと思いますが・・・実は私、ADHDと診断されました。

今まで私は「自分はADHDじゃない。自分には関係ない」と思ってました。

しかし、自分を見つめなおすことで、初めてADHDだと気づきました。それくらい、わかりにくい病気なんですね・・・。

 

そして、それと同時に「片付けられないのは、必ずしもADHDが原因じゃない」ということが判明しました。

私が、その証拠です。

 

頑張れば、いつかは片付けられます。私のサイトが部屋片付けの助けになれば幸いです。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

 

他の記事も人気です

oyakudachi_002

→ 「読み物的な何か」の記事一覧はコチラ

 

ツイッターでも最新情報発信中!

twitteryudo_001

→ 管理人、星月あんこのツイッターはコチラ