100均の収納グッズを適当に買って、適当に収納していませんか?

 

過去の私は、100均で収納グッズを手当たり次第買い、モノをどんどん押し込んでました。

ですが、これだと部屋が全然スッキリしません。

闇雲にモノを押し込むだけじゃ、全然部屋は綺麗になりません。収納にはコツがあるんです!

 

収納のコツは「目隠し」を有効活用すること

DSCN0068_convert_20140812211330

 

「目隠し」とは、上の画像のように、外から中のモノを見えなくすることです。

引き出しの中に入っているカゴの配置がおかしいのは、気にしないであげて下さい(笑)

 

DCIM0183_convert_20140725071702_convert_20140725071804

 

ちなみに、カゴを買う前の収納がコレ。スッキリ感が全然違いますよね♪

 

DSCN0074_convert_20140812211819

 

 

カゴの中身はこんな感じ。こういった、いかにも生活感がありそうなものは、他人に見せたくないですよね?

そして、服のたたみ方が汚いのは、気にしないであげて下さい(笑)

 

「目隠し」を使う利点は2つあります。

  1. ゴチャゴチャ感がなくなる
  2. 見せたくないモノを隠せる

これから、それぞれについて詳しく説明しますね♪

 

ゴチャゴチャ感が無くなる

先ほどの比較画像を見ると分かると思いますが、目隠しを使うとゴチャゴチャしなくなってスッキリします。

目隠しをすると、モノが少なく見えるので、ゴチャゴチャ感がなくなるのです。

 

見せたくないモノを隠せる

家にお客さんを入れる時、部屋干ししてる洗濯物とか、すぐに隠しますよね?

人は誰でも、「見せたくないモノ」というのがあります。

 

それは例えば、現金や財布、家計簿といったお金関係のモノ。

先ほど例に挙げた、洗濯物。

そして、アニメ・アイドル関係のBD、DVD、ファングッズも人によっては見せたくないでしょう。

 

こういったものは、たいてい

  • 棚にカーテンをつけたり
  • 押し入れに隠したり
  • ベッド下に隠したり

します。

例外として、部屋の探索をする人もいますが(笑)、オトナな友達や彼氏(彼女)はこういった隠されてるモノを無理に見ようとしないはず。

「目隠し」を活用して、見せたくないモノがあることをアピールしちゃいましょう(^_^)v

そうすれば、 お互い不愉快な思いをせずに済みますね♪

 

「目隠し」は手軽にできる収納テクニックです。

上手く活用して、収納上手を目指しましょう!