部屋の中にあるモノ、少なくなってますか?

部屋にあるモノが多く、ゴチャゴチャした状態で、モノの収納や配置作業に取りかかっても、全く意味がありません!これは、私が経験したことです(^_^;

以下のまとめを参考にして、手順通り、片付けを進めていくのがベストですよ。

 

 

モノが少ない状態であれば早速、収納・配置作業に取りかかっていきましょう(^_^)v

 

同じ種類のモノは同じ所にひとまとめにする

「収納・配置作業」の具体的なやり方は簡単♪同じようなモノを同じ所に置くだけです。

例えば、

 

DCIM0183_convert_20140725071702_convert_20140725071804

 

服は服でまとめておきます。

 

DCIM0181_convert_20140725072113

 

本は本棚に置きましょう。

 

DCIM0180_convert_20140725072238

 

CD、BD(ブルーレイ)、DVD、アニメグッズも同じ所にひとまとめに。

 

DCIM0182_convert_20140725072503

 

書類、日用品はこんな感じです。黄緑のボックスに書類が入ってます。

 

こんな感じで同じ種類のものを、同じ場所に置いていくと、モノを探すのがすっごく楽になりますよ!

携帯のメールも、「仕事」「友人」「家族」といった感じで分類しますよね? 「誰からのメールなのか?」がひと目で分かるようにするためです。

部屋の中にあるモノも、「服」「本」「日用品」のように分類すれば、どこに何があるか? が簡単に把握できます(^_^)v

 

分類は大ざっぱに決める

分類は大ざっぱで大丈夫です。

例えば、本なら

  • 漫画
  • ラノベ
  • ラノベでないの物語、小説
  • 実用書
  • 雑誌
  • 写真集
  • ゲーム攻略本

のように、細かくする必要はありません。

 

  • 漫画、ラノベ、小説
  • 実用書
  • 雑誌、写真集、ゲーム攻略本

くらい、ざっくりとしたものでいいでしょう。

 

 

こんな感じで、ざっくり分類してみましたが・・・まだまだゴチャゴチャ感があります(^_^;

次の記事から、そのゴチャゴチャ感を解決していきますね♪