「本の収納? とりあえず、本棚買えばいいんでしょ?」とお思いのそこのあなた。

本棚だけでは上手く収納できないんです。

これから、私の経験をもとにした、本の収納方法を伝授しますね♪

 

本の収納の基本は「本棚」か「カゴ、ボックス」

本の収納方法は2種類あります。

  • 本棚
  • カゴ、ボックス

 

本棚の使い方

s-DSCN0406

 

本棚には

  • たまにしか読まない本
  • コレクション目的の本

を置いておきましょう。

オタクには、持ってるだけで幸せになれるモノがあります。

読まないけど集めてる本は、本棚に保管しておきましょう。

 

参考記事

 

私の経験上、本棚は取り出しにくいです。

そして、買った本を本棚に収納するのも面倒くさくなるので、その辺に置きっぱになりがち。

なので、本棚にはあまり読まない本を収納するといいんです。

 

t02200293_0480064010550890678

 

本棚は上手く収納しないと、上の画像のようにグチャグチャになってしまいます。置き方が意外と難しいんですよね・・・。

キレイな置き方をしたいなら、以下の記事を読むといいでしょう。

 

参考記事

 

カゴ、ボックスの使い方

s-DSCN0443

 

「カゴ、ボックス」とは、例えば上の画像のようなものです。

カゴ、ボックスの利点は取り出しやすいこと。

頻繁に読む本や新しく買った本は、カゴやボックスに収納するといいでしょう。

 

最近は「信長協奏曲」などの、マンガ原作のドラマやアニメが多いですね。

そういった番組を見て原作マンガが欲しくなった時などに、勢いに乗って本を買ってしまい、結局読まなくなることもあると思います。

本を買っただけで読まない、いわゆる「積み本」対策にも、カゴやボックスは有効ですよ。

 

参考記事

 

カゴは無印良品のモノを使うと、オシャレでステキですね♪

 

参考記事

 

 本の収納のコツは「使用頻度」

簡単そうで意外と奥が深い、本の収納。「使用頻度別」に収納すると、とっても使いやすくなりますよ♪

この記事を上手く活用して、スッキリ収納を目指してみて下さいね(^_^)v

 

 

関連記事

収納について詳しく書いた記事はコチラ ※管理人姉妹サイトに飛びます

その他関連記事