「動作・動線を意識した収納をしましょう」という言葉、良く聞きますよね。

ですが、「何となく聞いたことあるけど、具体的にどうやって収納すればいいのよ!」とお思いではないでしょうか?

今回はその「動作・動線を意識した収納」について詳しく解説しますよ~♪

 

動作・動線とは要するに「普段どのように生活しているか?」

heyahaiti_convert_20140825094745

上の画像は、前に描いた、私の部屋の全体図です。

これをもとに、動作・動線について説明します。

 

朝ベッドから起きたら、着替えて朝食を食べる

heyahaiti2

ベッドから起きたら、まず服を着替えます。

なので、ベッドの近くに服を入れる引き出し式の収納家具が置いてあると、とっても動きやすくなります。

 

heyahaiti3

もし仮に、押し入れに服が入ってるとすれば、パソコンの合間をぬって移動しなければならないので、着替えるのが非常に面倒です。

 

DSCN0158_convert_20140907172824

 

実際の映像です(笑)

パソコンの奥の方に押し入れがあるので、どう考えても着替えるのに時間がかかります(^_^;

 

家に帰ったらパソコンで作業

heyahaiti4

 

家に帰った後、私はパソコンを使ってサイトの更新をします。

こうなると、以下の2つの場所

  • 作業してる場所の近くにあるベッド下
  • パソコンの脇

携帯電話や、良く使うものを置いておくと便利です。

 

DSCN0158_convert2

 

実際の部屋の画像はこちら。赤丸の部分に携帯電話や普段良く使うモノが置いてあるんです。

これなら簡単に電話やメールができますね♪

 

 

このように、普段の自分の行動を分析し、それを踏まえて収納場所を考えれば、より効率的に行動することができます。

あなたも普段の生活を意識した収納を心がけてみては、いかがでしょう?