suteruyuki1_001

 

「もしかして、これを捨ててしまうと取り返しがつかなくなるんじゃないか?」

そんな漠然とした不安が、モノを捨てることを邪魔します。モノを捨てること、手放すことを怖がっていませんか?

 

そんな、モノを捨てられないあなたのために、とっても有効な考え方を教えますね♪

 

何かあったら、その場その場で臨機応変に対応する

最近、「保険の見直し」が流行ってますね。

自分にとって必要ない保険に入っても、お金だけが減っていきます。

「これから先何が起こるか分からないから、とにかく備えなきゃ」とお思いでしょうか?

でも保険は「使わなければ意味がない」というのも事実なんですよ(^_^;

 

さて、モノを捨てることは、保険を捨てることよりとっても簡単♪ モノがなくても、工夫次第で意外と乗りきれるからです。

例えば説明書。トラブルが発生したら、たいてい以下のようなことをして、解決しますよね。

  • ネットで調べる
  • 人に聞く
  • 修理に出す

説明書を読むことは、ほとんどないと思います。

 

また、カッターがないなら、以下で代用可能です。

  • ハサミを使う
  • 折り目をつけて手でちぎる

 

どうでしょ。モノがなくても何とかなる気がしません?

片付けするなら、その場その場で臨機応変に対応するという姿勢も大事ですよ。

 

絶対に捨てられない、だいじなモノに注意

ただし、捨てると取り返しがつかなくなるモノもあるので、それだけはご注意下さい。

絶対に捨ててはいけないものは、

  • 年金手帳
  • 契約書類
  • 通帳
  • 印鑑
  • 他人から借りたもの
  • 家族の所有物、共有物

です。

契約書類とは例えば、奨学金の返済に関するルールが書かれた冊子などを指します。

インターネット・プロバイダや携帯電話などの契約書類も残しておきましょう。すっごく重要なパスワードが書かれているなら尚更です。

 

これらのモノに注意しつつ、いらないと思ったモノはドンドン捨てていきましょうね(^_^)v

 

※スポンサード リンク

 

関連記事

ゴミ、古着、古本、古雑誌の処分方法が丸わかり

その他関連記事