DSCN0046_convert_20140809065208

 

部屋を片付けてると、色んな所から出てくる「何かの説明書」。

捨てるべきか残すべきか、つい迷ってしまいます(^_^;

そんなあなたのために、説明書を捨てる方法を解説しますね♪

 

説明書を捨てるかどうかを決める基準は3つ

  • 何の説明書か分からない
  • 既に使いこなせてるモノの説明書
  • 期限切れの保証書

はバッサリ捨てちゃって構いません。

その他の説明書は自分の状況に合わせて、感覚的に捨てるかどうかを決めましょう。

 

・・・と言っても、具体的にどうすればいいか分からないですよね?(^_^;

なので、これから私の考え方に基づいた「説明書を捨てるかどうか? を決めるための基準」を書きます。

 

私が選んだ、捨てる説明書

パソコン本体の説明書

パソコンが壊れたらスマホを使ってネットで調べるか、詳しい人に聞くか、修理に出すので必要なし! と判断して捨てました。

 

ウィルスバスターのインストール方法、説明書

ウィルスバスターは

  • パソコンを買い替えても、CD-ROMとシリアル番号さえあれば簡単にインストールできる
  • 特に設定を変えなくても、上手く動いてくれる

ので、説明書をガッツリ読む必要がないです。

 

PSP、ニンテンドーDS、3DSの説明書

使いこなせてるので必要なし。

また、ゲーム機を売る際、説明書があれば高値で売れますが・・・私のゲーム機は、もはやボロボロで売っても大してお金にならないでしょう。

なので、説明書はいらないと判断しました。

 

私が選んだ、残す説明書

インターネットプロバイダ関連の説明書、契約書

インターネット関連のトラブルが発生した時は、インターネットプロバイダに相談窓口に連絡します。

その時に絶対必要な「お客様番号」が書かれてるので、インターネットプロバイダ関連の書類は残しておくのです。

 

ウィルスバスターのシリアル番号

パソコンを買い替えた時、もっかいインストールするために残しておきます。

 

エアコン、ヒーターの説明書

点検やお手入れする時のために残しておきます。

 

携帯電話(スマホ)の説明書

使い方が複雑な携帯電話。

まだ慣れていない基本操作があるので、説明書を残しておきます。

 

プリンターの説明書

定期的なお手入れのために残しておきます。

 

 

説明書の数が少なくなったら、100均のファイルなどを使って1つにまとめましょう。

そうすれば、読みたい説明書を探しやすくなります!

 

説明書を捨てる作業は、内容をいちいち確認しないといけないので、ちょっと面倒でしたが・・・終われば、かなりスッキリしますよ(^_^)v

私の例を参考にして、あなたも説明書を捨てること、始めてみましょう!