子供時代の思い出の品を押し入れの中に閉じ込めてる、そこのあなた。押し入れがパンパンになってませんか?

思い出品は意外と押し入れを圧迫するもの。

捨てるのはとっても難しいですが、頑張っていきましょうね♪

 

思い出品を捨てる手順

思い出品は以下の手順で捨てましょう。

  1. いい思い出を厳選する
  2. そのモノが「今必要か?」「好きかどうか?」で判断する

 

いい思い出を厳選する

「いい思い出ならずっと残しておきたいし、嫌な思い出ならさっさと忘れたい」

人間、誰しもそう思うでしょう。

なので、嫌な思い出はサッサと捨てて、いい思い出だけを残しちゃいましょう♪

 

いい思い出と悪い思い出の例

いい思い出とは例えば

  • 何かのコンクールで賞をとった
  • 友達と旅行を楽しんできた
  • ライブやイベントを楽しんできた
  • 大好きな恋人からプレゼントをもらった

などです。

私は珠算とエレクトーンで賞をとった経験があるので、その時にもらった賞状は残してあります。

 

また、悪い思い出とは

  • 苦痛だった学校行事に関連するもの
  • 何らかのトラブルがあり、疎遠になってしまった友人との思い出
  • 元カレ(元カノ)からもらったプレゼント

などです。

中学時代、大学時代はいい思い出が無かったので、それに関連するものは全て捨てました。

 

いい思い出、悪い思い出関係なく、「卒業アルバム」は残しておきたい

いい悪いに関わらず絶対に残しておきたいものは「卒業アルバム」です。

たいていの学校では、卒業と同時にアルバムをもらうと思います。

卒業アルバムに書かれているのは「自分が生きた証」。

これを見ることで、過去の自分が分かり、「自分はこれから何をしたいか?」が見えてくることもあるんです。

 

 そのモノが「今必要か?」「好きかどうか?」で判断する

いい悪いを判断できない思い出品は、思い出品として扱わず、「普通のモノ」として判断しましょう。

 

服であれば「今着たいかどうか?」

生活用品であれば「今使うかどうか?」

アニメグッズ、CD、DVDであれば「好きかどうか?」

 

それぞれモノの性質に沿って、いるいらないを選別するんです。

 

思い出は付与されるもの

思い出というのは、様々なモノに付与されます。

 

 

※画像は楽天のリンクです

 

私は一人旅で、東京スカイツリーに行ったことがあります。

上野からシャトルバスでのんびりとスカイツリーまで移動。

そして、間近で見たスカイツリーのデカさに胸がときめき、テンションがすっごく上がりました!

勢いで買ったお土産は、スカイツリーのキーホルダー。これを見ると、「あの時の思い出」がありありと浮かんできます・・・。

 

 

・・・さて、この記事を読んでるあなた。「あの時の思い出」が浮かんできましたか? 当然浮かんでこないですよね。

先ほどスカイツリーの思い出について長々と語りましたが、「思い出品を捨てるための情報が欲しい」あなたにとって、正直どうでもいい話だったと思います。

東京に住んでて毎日のようにスカイツリーを見てるなら、共感すらできないでしょう。

 

思い出というのは、モノに取り憑いた魂のようなものです。

スカイツリーのキーホルダーに宿った魂は本人にしか見えないので、他人にとっては「ただのキーホルダー」にしか見えません。

 

「絶対に残しておきたい、いい思い出」が付与されてないモノは「ただのモノ」であると判断し、普通にいるいらないで決めちゃいましょう。

 

好き嫌いが分かれる、思い出品の「データ化」

思い出品を「データ化」して捨てる方法もありますが・・・このやり方は好き嫌いが分かれそうです。

私は、どうしても形として残したいモノでなければ、データ化もありだと思います。

詳しくは「マンガでわかる!片づけ+収納術」をご覧下さい。

 

マンガでわかる!片づけ+収納術

 

過去の思い出を捨てるというのは、とっても辛いものです(^_^;

大変ですが、バッサリと捨ててしまえば意外と気持ちいいので、是非やってみて下さいね。

 

 

関連記事

部屋片付けの詳しいやり方について書いた記事はコチラ

その他関連記事