良くテレビで「ゴミ屋敷」が話題になります。

そういう番組を見て、ふと「ゴミって一体何なんだろう?」って思うんです。

今回はその「ゴミとは何なのか?」について書きますね~♪

 

ゴミとは、もう使い道がないモノ

Wikipediaにおけるゴミの定義は以下の通りです。

 

ごみ(ゴミ、芥、塵、埖、refuse)は、役に立たなくなった不要なものをいう。「くず」や「かす」もほぼ同様である。廃棄物もごみに含まれる。ただし自然物、たとえば路傍の石などはごみとはされない。

Wikipediaより引用

 

では、これから「役に立たない不要なもの」について、細かく解説していきます。

 

ゴミとして扱うかどうか?の基準は「自分にとって、まだ使えるかどうか?」

暑い日に欠かせない、ペットボトル飲料。夏はつい、いっぱい飲んでしまいますよね(^_^;

すると当然、空のペットボトルがたくさん溜まります。

実はこれ、ゴミになるものと、ゴミにならないものがあるんです。

 

DSCN0131_convert_20140829114833

 

上の画像は、コンビニで良く見かける1リットルのペットボトルです。

 

DSCN0132_convert_20140829115006

 

そして、これが1リットルペットボトル用のアクエリアスの粉。ドラッグストアで売ってますよ。

これを先ほどの空のペットボトルに入れて、水で溶かして飲むんです。

 

DSCN0133_convert_20140829115126

 

こんな感じ。

1リットルペットボトルは、こうやって粉を溶かして飲むのに使えるので、ゴミではありません。

 

DSCN0134_convert_20140829115249

 

一方、普段良く目にするのが、上の画像のような500ミリリットルのペットボトル。

さっきの粉は1リットルペットボトル用なので、500ミリリットルのペットボトルでは使えません。

なので、これはゴミになります。

 

「じゃあ、アクエリアスの粉を半分ずつ使えばいいのでは?」とお思いでしょうか。

私もそれ、やってみましたが・・・正直かなり面倒。最初っから1リットルのペットボトルを買った方が楽です。

面倒なので、この方法はもう使いません。500ミリリットルのペットボトルは「もう使い道がないゴミ」ということになるんです。

 

未来の可能性は捨てる

「じゃ、じゃあ、水とか入れて飲めるかもしんないじゃん!」

と500ミリリットルのペットボトルを必死に残そうと頑張るなら、ちょっと考えてみて下さい。

 

「今現在、もしくは近い将来、水を入れて外出先で飲むつもり」なら、まだ使えるものなので、残してもいいでしょう。

ですが、「もしかしたら、水を入れて飲むかもしれない・・・」とお思いなら、ゴミとして捨ててしまいましょう。

「いつか使うかもしれない」は、部屋の中にいらないモノが増えてしまう原因です。

ゴミかどうか決める時はあくまで「今使うかどうか?」で考えて下さいね。

 

ではでは、ゴミをサクッと捨てて、部屋の片付けをガンガン進めちゃいましょう(^_^)v