DCIM0160_convert_20140718212507

 

「CDを売りたいけど、ジャケット(ケース)を紛失してしまい、売るのが難しい。」

最近、そんな内容のメールを頂きました。

 

確かに、CDはジャケットがないと買い取ってもらえないというイメージがあります。

だから、売るに売れず、結局残ってしまうんですよね(^_^;

 

一体、どうすればいいのでしょうか・・・?

 

ムリして売るより、捨てたほうが早い

そんな時は、「売る」という考え方を一旦捨てましょう。

 

ハッキリ言って、CDの買い取り価格はそれほど高くありません。

私が昔行った買い取り店では、CDジャケットがあるのに30枚まとめて100円とかありましたし(^_^;

しかも、30枚の中にはアルバムもあります。1万円以上使って買ったCDが、たった100円ですよ!?

 

そんなわけで、CDを買い取りに出す時間と労力を使うくらいなら、ゴミ袋を買って捨てたほうが早いです。

ゴミの捨て方は以下の記事をご覧ください。

 

 

捨てるのに抵抗がある場合

「でも、ゴミとして捨てるのって、何か嫌!」

ってお思いなら、ネット宅配買取を利用するのも手です。

ジャケットなしのCDを店に持っていくの、気が引けません?

 

もったいない本舗ではジャケットなしのCDを買い取りできないと明示してますが、買い取りできない商品はリサイクル資源として回収されます。

これなら少しは、「捨てることの抵抗」を軽減できるかと。

ただ、少々手間がかかるので、捨てるのに抵抗がないなら、やはりゴミとして捨てちゃいましょう。

 

お気にのCDジャケットはなくさないで欲しい・・・

バッサリ捨てましょうと書きましたが・・・そもそも私は、CDジャケットをなくさないで欲しいと思ってます。

今や音楽自体はユーチューブで聴ける時代なので、CDはジャケットにこそ価値があるんです。

大好きなCDのジャケットは、大切に残しておきたいですね。

 

 

関連記事