捨てる作業は「一度やったら終わり」ではありません。

一度「これは捨てなくていいモノ」と決めたとしても、もう一度、何度でも「捨てるかどうか?」を考えるましょう。

何度もやることで、「自分が本当に好きなモノ」が見えてくるのです。

 

何度も「捨てるモノ」を選ぶメリットは3つあります。

  1. モノが減ると、「捨てるかどうか?」を決めやすくなる
  2. 時間を置くことで「捨てるかどうか?」を決められることもある
  3. 捨てる作業をやってるうちに、「捨てるかどうか?」の判断力が身につく

 

モノが減ると、「捨てるかどうか?」を決めやすくなる

捨てる作業をしていると、時々「これは捨てるべきかなぁ~」と迷ってしまうものが出てきます。

おそらく、そういうものは一旦保留にしているでしょう。

 

モノが減った状態なら、こういった保留にしているモノもサクッと「捨てるかどうか?」の判断できるようになります!

仕事でも、やるべきことが少なくなって終わりが見えてくると、段々やる気が出てきますよね?

部屋の片付けも終わりが見えてくると、判断力も自然と高まってくるものです。

 

時間を置くことで「捨てるかどうか?」を決められることもある

「あの時は『捨てるかどうか?』迷ったけど、ちょっと時間を置いたら決めることができた」これも良くあることです。

捨てるかどうか迷うモノが出てきたら、1週間程度時間を置いてから、もう一度判断しましょう。

 

ただし、部屋整理術で良く見かける「捨てるかどうか迷ったら、一旦保留にし、1ヶ月後に必要なければ捨てる」といった類のものではありません。

保留にしてるものを箱に詰めて、1ヶ月も放置してしまうと・・・保留箱の存在すら忘れ去ってしまいます(笑)

 

捨てる作業をやってるうちに、「捨てるかどうか?」の判断力が身につく

捨てる作業を続けることで、「自分が本当に好きなモノ」や「捨てるかどうか?を選別する基準」が自然とわかってくるものです。

何度も何度もモノと向き合い、捨てる感覚を身につけていきましょう。

 

※スポンサード リンク

 

関連記事

部屋片付けの手順を分かりやすく書いた記事はコチラ

その他関連記事