DSCN0814

 

「せっかく片付けしたのに、また汚部屋に戻っちゃったよ・・・」そんな嘆きの声、良く聞こえてきます。

業者に頼んで掃除したけど、結局元通りという人、この前テレビで見ました。

どんだけ頑張って部屋を綺麗に片付けても、また汚くなってしまう・・・いわゆる、リバウンドってやつです(^_^;

 

一体、どうすればリバウンドしないのでしょうか? それをこれから解説しますね。

 

部屋の綺麗さを保つには、まずモノを増やさないことが大切

部屋の綺麗さを保つなら、とにかく無駄買いを避けて、モノを増やさないことが大切です。

100均とかに行くと、ついつい色んなモノを買ってしまいがちなので注意しましょう。

100均・・・それはまさに魔境です(笑)

 

他にも、部屋を綺麗に保つコツや注意点があるので、紹介しますね~♪

 

モノを買ったら、包装紙や箱をさっさと捨てる

商品を買った時についてくる、包装紙や箱などはすぐ捨てましょう。買った商品をすぐ使えるようにするためです。

服についてくる値札やタグもすぐに外しましょう。あれを付けたままの服を着てお出かけしちゃうと、すっごく恥ずかしいですよ(^_^;

 

ただし例外が1つあります。

ブルーレイや本についてくる帯は、残しておくと高値で売れることがあるので、一応残しておくといいでしょう。

私はブルーレイをソフマップで売ったことありますが、帯をつけて売らないと査定額が減額されることを知りました。

 

定期的に「捨てるか?捨てないか?」を決める作業をする

「段々とモノが増えてゴチャゴチャしてきたな~」と思ったら、「捨てるか?捨てないか?」を決める作業をもう一度やるといいです。

同じカテゴリのものをかき集めて、1つずつ、じっくり選別しましょう。

モノを捨てる具体的な方法は、以下の記事を参考にして下さいね♪

 

参考記事

 

まずは「モノが増え続けること」を意識することが大事

普段何気なく生活するだけで、モノは増え続けます。まずは、これを意識することから始めましょうね♪

 

参考記事