年末の大掃除、どうせなら細かい所までしっかりやりたい!

でも、ぞうきんで水ぶきするだけじゃ、窓のレール部分の汚れが全然落ちないんです・・・。

 

s-DSCN04972

 

上の画像の所を、ぞうきんだけで掃除するのは至難の業!

なので、これから細かい所を掃除するコツを教えますね。

 

細かい所の掃除に便利!歯ブラシと綿棒

細かい所とは例えば

  • 窓のレール部分や角
  • 部屋の隅っこ

です。歯ブラシと綿棒を使えば、部屋の隅々まで、きめ細かに掃除できますよ♪

 

歯ブラシと綿棒を使った掃除のやり方

s-DSCN05182

 

用意するもの

  • 歯ブラシ
  • 綿棒
  • ぞうきん
  • 住宅用洗剤

 

歯ブラシ、綿棒は100均で買えます。

ぞうきんも100均で買えますが、どっかから貰ったいらないタオルがあるなら、それを使っちゃいましょう。

ボロボロの古着を好きな大きさに切って、ぞうきんとして使うのもいいですよ。

 

住宅用洗剤は、使用上の注意や用途を良く読んでから使いましょう。

ちなみに、私はウタマロクリーナーをオススメします。

 

窓のレール部分を掃除してみよう

s-DSCN0501

 

 

s-DSCN05142

 

まず、掃除したい所に洗剤をつけて、ぞうきんでサッとふきます。

ぞうきんに洗剤を染み込ませてから、ふいてもいいですね。

 

s-DSCN0513

 

s-DSCN0512

 

ぞうきんでふくだけじゃ落としきれない細かい所の汚れを、歯ブラシや綿棒を使って落としましょう。

 

s-DSCN0509

 

角の汚れは、こんな感じでお掃除♪

 

s-DSCN05142

 

そして、仕上げにもっかい、洗剤が染み込んでないぞうきんで、からぶきすれば

 

s-DSCN0515

 

s-DSCN0516

 

窓のレールがピッカピカになりますよ(*^_^*)

 

細かい所の掃除方法まとめ

細かい所の掃除の流れは、以下の通りです。

  1. 洗剤を使って大まかにふき掃除する
  2. 歯ブラシや綿棒を使って、残った汚れを掃除する
  3. 仕上げにもっかい、からぶきする

 

この3ステップは、窓のレール部分だけでなく、部屋のあらゆる所で使えます(^_^)v

大掃除の前に、上のやり方をキッチリおさえておきましょうね♪