※画像はAmazonのリンクです

 

断捨離やこんまりさんの本により、今や「片付け=捨てる」が常識となりつつあります。

でも最近思うのが、「捨てる」という言葉に対する違和感です。

 

私はずっと「モノを減らす」「捨てる」ことを意識して部屋の片付けをやってきましたが、たまーに物足りなさを感じます。

私はマンガやアニメが好きな、いわゆる「オタク」な人間ですが、モノが少なくなると「自分は本当にオタクなんだろうか?」と疑問に思ってしまうんです。

モノが少ないと、なんだか寂しい気がするんですよね・・・。

 

そんなことを言うと、

「じゃあ、部屋が汚いままでもいいじゃん!」

という声が聞こえてきそうです(笑)

そういう訳にはいかないので、オタクな私が、オタクならではの片付けの考え方を書きますね。

 

「モノを減らす」ではなく「好きなモノ、必要なモノを選ぶ」という感覚でやる

DSCN1014

 

こういう時は、「いらないモノを捨てる」ではなく「必要なモノを選ぶ」という考えを持ちましょう。

そうすれば、「モノを減らす」ということに対する、罪悪感や空しさがなくなるんです。

あなたがオタクじゃなくても、この考え方は使えると思いますよ。

 

選ぶ習慣をつけることで、ムダ使いがなくなる

仕事を頑張って得た給料で、新しい好きなモノを買う。そして、モノが増えてきたら再び好きなモノを選ぶ。

これを繰り返すことで、「好きなモノの基準」ができてくるので、買い物の精度が上がっていくんです(^_^)v

ムダ使いを防ぐためにも、好きなモノを選ぶ習慣をつけていきましょうね♪

 

 

 

関連記事

オタク片付けに役立つ記事たち

 

その他関連記事